電機連合

文字の大きさ

総合労働条件改善闘争

回答内容や闘争状況について紹介しています。

闘争関連

<2019闘争>電機産業労使の社会的役割と責任を果たすべく、誠意ある回答を求める

電機連合は、3月9日に第4回産別労使交渉を開催しました。3月13日の中闘組合回答指定日を控え、電機産業労使の社会的役割と責任を果たすべく、経営側に対して誠意ある回答を強く求めました。

Photo
Photo

電機連合の主張は、以下の通りです。

  1. 「人への投資」のあり方については、電機連合として引き続き研究・検討を行う。
    今次交渉以降、電機連合での議論経過も踏まえながら必要に応じて経営側と話し合いを行っていきたい。
  2. 働き方改革の取り組みについては、労働力の質的向上と生産性向上により、電機産業の持続的な成長につなげる重要な取り組みであることを労使で確認した。2017年3月に確認した「労使共同宣言」に基づき、引き続き労使で主体的に取り組みを推進していきたい。
  3. 賃金水準改善に対しては、労使で考え方に隔たりはあるが、賃上げにより、「生活不安、雇用不安、将来不安」の3つの不安の払拭や働く意欲の向上、労働力の質的向上による企業の成長、個人消費の拡大による経済の自立的成長につなげていくことが求められている

総合労働条件改善闘争

回答内容や闘争状況について紹介しています。

最低賃金

最低賃金水準や最低賃金をわかりやすく紹介しています。