電機連合

文字の大きさ

総合労働条件改善闘争

回答内容や闘争状況について紹介しています。

闘争関連

<2020年闘争>働きがい持てる環境めざし交渉進める

Photo

電機連合は2月17日、東京都・三田の電機連合会館で、No.1中央闘争委員会を開催しました。委員会には電機連合本部役員からなる常任中闘と、中闘組合の代表者が参加。拡中闘組合、地闘組合、地区闘の代表者らが傍聴し、約200人が集まりました。常任中闘は中闘組合の交渉状況を確認したのち、今後の中闘組合の交渉方針を指示する「中闘指示第1号(案)」を提起。全会一致で承認されました。

Photo

野中中央闘争委員長は冒頭のあいさつで、「電機産業はデジタルトランスフォーメーションや第4次産業革命にとって極めて重要であり、日本の成長を牽引する使命を背負っている。使命を果たすためには、人が前向きに働き、仕事に挑戦できる職場環境づくりが大事だ。電機産業に働くすべての人が働きがいを感じ、やる気や挑戦心を持てる環境づくりを、労使で真剣に考えねばならない」と今次闘争に対する思いを述べました。

中闘委員会はこれより1週間に1度、5週間にわたり開催されます。電機連合の統一闘争の目的である「労働条件の維持・向上」と「波及効果の最大化」を目指し、加盟組織と連携を強化しながら、各組合の要求回答日に向けて取り組みを進めます。

総合労働条件改善闘争

回答内容や闘争状況について紹介しています。

最低賃金

最低賃金水準や最低賃金をわかりやすく紹介しています。