電機連合

文字の大きさ

電機連合とは

電機連合の基本理念や運動方針など、電機連合のWhat's!にお答えします。

時季(とき)に応じて

2017年の感謝を込めて

2017年の感謝を込めて

気が付けば、今年ももう年末である。一年経つのが毎年早くなっているように感じる。
昨年末の「時季に応じて」で、29日は今年を振り返る日、30日は今年お世話になった方々を思い起こす日、そして31日は新年の抱負を考える日としていることを紹介したが、またその時期が巡ってきた。一年を上手に締めくくりたいと思っている。

今年もいろいろなことがあった。その中から一つ紹介をさせていただきたい。
ある組合の結成大会で、準備委員会を代表してあいさつをされた方が、「会社合併時にこれまであった従業員会ではなく、直感的に労働組合が必要だと感じた」こと、「これまで従業員会で活動してきた皆さんに、なぜ労働組合が必要なのかを説明し理解・納得したうえで、組合結成に賛同していただくことがとても大変だった」こと、そしてそれは今も続いていると話されていた。
そのあいさつの中で紹介された、「ハチドリのひとしずく」という南アメリカの先住民に伝わる話がとても印象的であり、感銘を受けたので紹介させていただく。

森が燃えていました。
森の生きものたちは、我先にと逃げていきました。
でもクリキンディという名のハチドリだけは、行ったり来たり、口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていきます。
動物たちがそれを見て「そんなことをしていったい何になるんだ」といって笑います。
クリキンディはこう答えました。「私は、私にできることをしているだけ」

この話をお聞きしながら、新しく結成する労働組合に全員が加入して欲しいと願い、従業員一人一人にひたむきに接しておられる姿を想像し、思わず目頭が熱くなった。
仲間づくりは電機連合運動の大きな柱の一つ。今年も新たな組合が結成され、多くの仲間が電機連合に加わった。
働くものの尊厳と権利を守るため、電機産業に働く全ての労働者の組織化に向けて勇気をいただいたと思っている。

今年一年、お世話になった皆さまに心から感謝を申し上げると共に、良い年をお迎えいただきたいと願う。
来たる新年が皆様にとりまして実り多き年となりますように。

中央執行委員長 野中 孝泰

過去のコラム一覧

電機連合とは

電機連合の基本理念や運動方針など、電機連合のWhat's!にお答えします。

わたしたちの組織

電機連合の組織と運営方法や地協および加盟組合を紹介します。

電機連合紹介動画

電機連合紹介動画を掲載しています。

電機連合のあゆみ

電機連合60周年のあゆみを紹介します。

電機連合が誇る福祉・共済

電機連合加盟組合員57万人のスケールメリットを生かし、豊富な共済メニューに加え、安価な掛け金や素早い保障の実行など、他には類を見ない電機連合が誇る福祉・共済制度です。

プライバシーポリシー

個人情報保護に関する基本方針です。