電機連合

文字の大きさ

やさしく解説 用語集

組合用語について、やさしく解説します。

さ行

36協定

36協定(サブロク協定)とは、労働基準法第36条に定めている労使協定のことです。本来、労働基準法第32条で定めている時間を超えて従業員(組合員)に労働をさせてはなりませんが、「36協定」を労使で締結し、労働基準監督署へ届け出た場合に労働時間の延長が可能となるものです。さらに、協定の上限時間を超えて残業命令を出す場合は、事前労使協議による合意が必要となります。つまり、「36協定」で決めた残業時間以上の時間外労働は組合の同意を必要とし、組合がその責任の一端を担うことになります。

労働問題Q&A

賃金・労働時間、組合運営など、身近なよくある労働問題についてお答えします。

やさしく解説 用語集

組合用語について、やさしく解説します。