電機連合

文字の大きさ

おたすけマニュアル

おたすけマニュアル

(1)労働条件切り下げに関して

1.労働条件は契約当事者の合意により決められるが、合意内容は無制限ではなく、法令の規制や就業規則、労働協約による規律も受けます。
2.規範の序列は、「法令(強行法規)>労働協約>就業規則」です。
3.労働条件切り下げは、就業規則の作成・変更、労働協約締結などの方法で行われたり、それ以外の方法で行われたりします。

労働条件とは、労働契約関係における労働者の待遇一切をいいます。具体的には賃金、労働時間、休憩、休日、休暇等がこれにあたります。法律上、使用者は労働契約締結に際し、労働者に労働条件を明示する義務があります。以下の5つについては書面で明示するよう義務づけられています。 労働契約の期限、就業場所と業務内容、労働時間(始・終業時間、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇)、賃金(退職金・臨時に支払われる賃金を除く賃金について、その決定、計算・支払方法、締め切り、支払い時期)、退職に関する事項。

労働問題Q&A

賃金・労働時間、組合運営など、身近なよくある労働問題についてお答えします。

やさしく解説 用語集

組合用語について、やさしく解説します。