電機連合

文字の大きさ

おたすけマニュアル

おたすけマニュアル

(1)退職勧奨・強要

(1)退職勧奨・強要

退職勧奨・強要は、合意解約の申込あるいはその誘引にすぎないので、それに応じる義務はありません。

使用者が労働者に対して、合意解約を申込んだり、その誘引をしたりすることが退職勧奨です。このうち、社会通念上の限度を超えた勧奨が退職強要と呼ばれます。
退職勧奨の手段・方法が社会通念上相当性を欠く場合、例えば被勧奨者が退職を拒否しているにもかかわらず何回も呼び出し勧奨するなど、被勧奨者の自由な意思決定を妨げるような場合は、違法な退職勧奨(強要)となり、退職勧奨(強要)自体が違法行為となり、損害賠償請求の対象となります。

労働問題Q&A

賃金・労働時間、組合運営など、身近なよくある労働問題についてお答えします。

やさしく解説 用語集

組合用語について、やさしく解説します。