電機連合

文字の大きさ

ヤマト王権発祥の地

Photo
Photo

桜井市は、奈良県の中部に位置し、面積98.92k㎡のうち、その60%を山間部が占める人口約5万6千人の市です。市内には卑弥呼が活躍した時代(3世紀前半)の大規模集落である纒向(まきむく)遺跡があります。邪馬台国の最有力候補地とされ、ヤマト王権発祥の地として、我が国の生い立ちにかかわる重要な遺跡であると考えられています。また、日本文化の原点である相撲発祥の地、仏教公伝の地、芸能創生の地として記紀万葉に綴られています。特に、素麺の発祥の地は桜井市の三輪であり、「三輪素麺」として全国に知られています。

人口減に歯止めを。多極ネットワーク型まちづくりの推進

市の人口は、2000年の63,122人をピークに減少し、このままでは、2040年には約46,000人まで減少すると言われています。20代~30代の若者が転出していることが人口減少の原因の一つと考えられることから、これらの世代の転出を抑えるなど、人口動向等を踏まえた取り組みを進め、2040年に人口約5万1千人を維持する計画を策定しています。例えば、奈良県とのまちづくり連携協定を締結して、移住・定住の促進策として、桜井駅を拠点、他の4カ所の地域をサブ拠点とし、それらを公共交通で結ぶ多極ネットワーク型のまちづくりの取り組みを推進しているところです。

保護者の声を行政に届け、学童保育の充実に尽力

「小1の壁」は共働き家庭において、子どもが保育園から小学校に就学する際に直面する社会的な問題と言われています。これを解決する事業として、放課後児童健全育成事業があり、放課後や長期休暇中などに保護者に代わって小学生を預かり、適切な遊びや生活の場を提供する保育サービスが放課後児童クラブ(学童保育)です。

厚生労働省の調査によると、全国で放課後児童クラブに通う小学生は、約131万人(10年間で1.6倍)、施設数も約2万6,600カ所(10年前の1.3倍)に達しています。ところが、施設が増え続けているにもかかわらず、待機児童は約1万6,000人(10年間で2.2倍)も多くなっています。

桜井市内には11小学校があり、現在は全ての学校に放課後児童クラブがありますが、私が議員になった2003年頃は、3カ所しかありませんでした。そのため、児童の放課後の居場所づくりは重要な課題と考え、これまで重点的に取り組んできました。地域の保護者の声を行政に届け、2012年に4小学校で余裕教室を利用した放課後児童クラブが設置され、ようやく全ての校区に設置することが出来ました。一方、利用者から「定員の問題で利用できない」「利用時間をもう少し延長して欲しい」「6年生まで利用したい」など質の確保を求める声が上がってきました。そして、放課後児童クラブの保護者会にも協力して頂いた結果、2014年から学校の休暇中の開設時間が30分早まり8時~18時半(最大19時まで)に拡充され、余裕ある放課後児童クラブについては6年生まで受入れるようになりました。

Photo放課後児童クラブでの地域防災出前講座の様子
Photoクラブ内で勉強に取り組む子どもたちの様子

しかし、現状では低学年では待機児童はいないものの、高学年では5カ所の放課後児童クラブで計60人の待機児童が依然として発生しています。

待機児童解消には、現状3つの課題があります。
① 放課後児童クラブの増設に多大な費用がかかる
② 将来、子どもの人数の減少が予想される
③ 放課後児童クラブの支援員などの確保が困難である

待機児童を一人でも少なくするため、地域特性に応じた様々な形で運営は可能と考えます。これらの課題を解決できるよう、今後も引き続き取り組んでいきます。

岡田議員ってどんな人?

シャープ労働組合 まほろば支部 執行委員長
稲津 和之 さん

岡田議員は地域を中心に活動している「地域の人」で、頼まれたらNOと言わない性格もあって現在は、地域安全ボランティアの副代表や校区のPTA会長、地区体育協会の副会長など、地域に根差した活動に取り組んでいます。
たまに地域行事の写真などを見ると、議員というよりその辺のオッチャンという感じで、議員と住民との距離感が近いと思います。そんな行事の中で地域の困り事などを相談され、解決に向けて奮闘しています。

少し真面目で頑固な性格ですが、誠実に物事へ取り組む姿は頼もしく、これからも活動を支援していきます。

岡田光司(おかだ こうじ)プロフィール
Photo

奈良県桜井市議会議員
生年月:1969年2月
出身地:奈良県桜井市
好きな言葉 至誠一貫

Photo【facebook】@koji.okada.520

放課後の子どもの居場所づくりの充実にむけて奈良県桜井市議会 岡田光司議員

ポテンシャル秘める相模原市

相模原市は、神奈川県の内陸北西部に位置し、東京都八王子市や町田市、山梨県道志村とも隣接しています。旧津久井4町と平成17年、19年と二度の合併を経て、平成22年には人口72万人、全国19番目の政令指定都市に移行しました。古くは養蚕業を主な産業としていましたが、昭和30年代に大々的な企業誘致を行い、内陸工業都市として発展してきました。しかし、現在では企業の撤退が相次いだため、ロボット産業を中心とした産業の活性化を目指しています。また、JAXA相模原キャンバスで生まれた小惑星探査機「はやぶさⅡ」の帰還に胸を膨らませ、リニア中央新幹線神奈川県唯一の駅設置工事が進むなど、ポテンシャルを秘めた都市でもあります。

人口減少局面へ 少子高齢化の課題

少子高齢化・人口減少社会の波の中で、相模原市も今年から人口が減少に転じています。高齢化が進めば生産年齢人口が減るため、税収減となります。東京のように企業の本社が集中していれば法人税収も豊かですが、相模原市は90%以上が中小企業のため、税収の多くは個人市民税に頼らざるを得ません。一方、人口が多いと、医療、介護、子育て、障がい福祉、生活保護等にかかる扶助費は増える一方であり、街づくり(投資)まで税が廻りません。

また、高齢化社会において、誰もがなる可能性のある認知症について、その正しい理解が進まないことや、行方不明者の増加など、数々の課題があります。従って、認知症を正しく理解し、予防に努めることや地域全体で見守る取り組みが必要です。

認知症の正しい理解促進に向けて

厚労省統計では2025年に認知症患者が全国で700万人に達するといわれ、軽度認知症(認知症予備軍)も600万人という予測が出ています。身近に認知症の方が増えてくると、現在の介護従事者や在宅介護者だけでは到底対応できません。そのため政府は『新・オレンジプラン』を策定し、認知症を正しく理解し支援する認知症サポーターキャラバン事業を始めました。当初はサポーターを100万人にしようという取り組みから始まりました。徐々に目標値を上方修正し、サポーター数は1,000万人を超えたため、現在では目標値が1,200万人になっています。

私も平成22年に認知症サポーターの講座を受講し認知症サポーターになりました。しかし、相模原市ではまだまだ普及が進んでいないため、平成26年にサポーターを養成するキャラバンメイトの資格を取り、中学校・町内会・企業・銀行・コンビニ等からの依頼で年間20回ほど認知症サポーター講座を実施しています。

Photo町内会で認知症サポーター講座を実施する森議員
Photo中学校での講座の様子

また「さがみはら認知症サポーターネットワーク(さがサポ)」を立ち上げ、市の受託事業・アルツハイマーデーでの啓発イベントや行方不明者検索アプリの開発も行っています。(私はこのアプリで行方不明者を2名保護しました)

Photo

さがサポでは、認知症当事者と市民が相互に助け合う「ウィッシュカード」を活用し、今まで叶わなかった日常を可能にする取り組みをしています。例えば、一緒にソフトボールを楽しんだり、スキーをしたり、人が足りないという農場に当事者と一緒に応援に行き、収穫した野菜の一部を戴くなど生きがいに繋がる取り組みを行い、2019年度にはNHK厚生文化財団から「認知症と生きるまち大賞」を受賞しました。

Photo農作業を通じて地域住民と交流する認知症当事者

そもそも「認知症」という言葉は、2004年に「痴呆」という言葉から、見て聞いて記憶することが困難な脳の後天的な障がいの病を意味する「認知症」という言葉に呼称が変わりました。その後天的な病である「認知症」には未だ特効薬がありません。私たちは「薬より関わり」を合言葉に日々活動しています。ぜひ、多くの方に「認知症」を正しく理解していただき、活動が全国にさらに広がりますように...。

森議員ってどんな人?

日本電気労働組合 玉川支部 執行委員長 岩崎 貴志さん

森議員を一言で表せば「社会貢献の人」ではないかと感じています。地域やボランティア活動への参画、難病の方を支援する募金活動等々、休みなく、議員活動の枠を越えて活躍されています。そんな最中、森議員から聞いた言葉「何事も命や健康には代えられない」。当たり前のように仰っていたその姿に心打たれたことを覚えています。
昨年の東日本台風では相模原市も被災しました。その時心配で電話すると、水嵩が増して危険な河川敷傍の住宅からご高齢の方を最後まで避難誘導されている最中でした。

常に人の為、そんな社会貢献の塊のような方ですが、無論一人ではできない活動も多くあります。今後も一番近くで森議員の活動を応援していきます!

森繁之(もり しげゆき)プロフィール
Photo

相模原市議会議員
生年月:1966年9月生まれ
出身地:秋田県男鹿市
好きな言葉 努力は必ず報われる

Photo【facebook】@shigeyuki.mori.923
Photo【Twitter】@morimori_shige

認知症の正しい理解促進に向けて神奈川県相模原市議会 森繁之議員

東北ボランティア in 陸前高田市

電機連合「地球・愛の基金」事業では、1994年より20年間、東南アジアと中国を中心に植林活動を展開してきました。
これまで20年間、中国はじめ東南アジアを中心とした海外での植林ボランティアを実施してきましたが、2011年に発生した東日本大震災以降は、海外だけではなく、国内に目を向けた活動への声が多く聞かれるようになりました。

このような状況を受けて、2014度以降の「地球・愛の基金」事業については、コンセプトを「被災地と心をつなぐ活動」として、いまだ途上にある被災地の復興や、環境保全活動に取り組むこととしました。

コロナ禍でできるボランティア──陸前高田に草刈り機を寄贈 2020年10月更新

電機連合は10月4日、陸前高田市で高田松原の再生を行っている「高田松原を守る会」に草刈り機を寄贈しました。
4日、現地で寄贈品贈呈式が行われ、電機連合の近藤副中央執行委員長から「高田松原を守る会」の鈴木会長に目録が手渡されました。

電機連合は「地球・愛の基金」事業として、2014年から「被災地と心をつなぐ活動」をコンセプトとして展開しており、例年、東北ボランティアを実施しています。 ボランティアは加盟組織の組合員や家族が参加し未だ復興途上にある被災地の高田松原再生活動等を行っています。あわせて、ボランティアを通して、自然災害の脅威や防災の重要性を学び、次代を担う子どもたちとともに環境保全活動の重要性と環境保護の大切さを学ぶ機会にもしてきました。

今年は新型コロナウィルス感染症の影響を受け、ボランティア派遣の中止を余儀なくされました。コーディネーターであるNPOの地球緑化センターと高田松原を守る会と相談し、現地ボランティアの人手不足を補うために、大型の草刈り機を寄贈することとなりました。

Photo

早速「高田松原を守る会」のメンバーが試運転を行い、使い勝手を確認していました。

Photo
Photo

当日の寄贈品贈呈式では、地元放送局や新聞の取材も受けていました。

ボランティア感想文(第5次東北ボランティアin陸前高田市)2019年2月更新

参加者やスタッフの感想文を紹介しています。

参加者の感想文

実行委員の感想文

事務局の感想文

ボランティア感想文(第4次東北ボランティアin陸前高田市)2018年2月更新

参加者やスタッフの感想文を紹介しています。

団長・事務局次長あいさつ

参加者の感想文

実行委員の感想文

事務局の感想文

東北ボランティア in 陸前高田市の詳しい内容について

Photo

これまでの植林ボランティアと同様に、組合員とその子供たちが親子で参加できる事業として、被災地住民の皆さんとの交流や復興支援ボランティアをとおして、自然災害の脅威や防災の重要性を学び、次代を担う子供たちとともに環境保全・保護の大切さを学ぶ機会としていきたいと考えています。

Photo

陸前高田市、地元住民との交流と活動

陸前高田市は、一ノ関市から車で約1時間半の場所にあります。宿泊施設である二又復興交流センター・ペンション福田に到着後、オリエンテーションおよび結団式を行います。
結団式には、高田松原を守る会の鈴木会長、大石公民館の菅野館長の参加にも参加いただき、交流会を図りました。

Photo

翌日の防災学習では、語り部の方の話を聞きながら陸前高田市内を見学し、防災意識を高め情報を共有することが出来ました。その後、七夕祭りの準備をお手伝いする前にその歴史を学び、夏あかり・竹の灯篭を作成し公民館に設置する事で七夕祭りに花を添える事ができたと思います。本番の七夕祭りでは大石町の方々と一緒に山車引きを行い、時間が進むにつれ大きな歓声や笑い声があがり、大変な盛り上がりを見せました。

Photo

植林活動について

メインの植林活動に向けた苗場の整備作業は2日間をかけて行いました。電機連合がボランティアで行っている高田松原再生活動は、地元の有志で結成された「高田松原を守る会」が、高田松原跡地の盛土作業が完了する平成28年度に、松原跡地に松の苗を植樹する計画をしています。

Photo

育成中の苗は、震災前の高田松原の松ぼっくりの種子と、陸前高田市広田町の松林から採取した種子を使用しており、多くの地元住民が活動に参画しています。盛土後の高田松原跡地には合計約60,000本の植樹を予定しており、そのうち、「高田松原を守る会」は10,000本以上の松の育成(植樹)を目標に活動しています。
「高田松原を守る会」の代表は、「より多くの人に、高田松原の復興に携わってもらい、自分が関係した松を10年後、20年後に見に来てもらいたい」と考えており、より多くの方が活動に携わり、再び陸前高田市を訪問することで、町の活性化にもなると考えています。
現段階では、苗床の草取り、整地作業が中心となりますが、将来的には、高田松原跡地での植林活動を視野に入れての活動となります。2017年(平成29年)以降については、高田松原での植林活動が開始されますので、植林活動を中心とした日程配置と活動内容に順次変更していく予定です。

Photo

【高田松原を守る会の植林計画】
1回目 2017年(平成29年)春
2回目 2018年(平成30年)
3回目 2019年(平成31年)

無事終了

高田松原を守る会の最終的な植林本数は、約10,000本以上の松の育成(植樹)です。これは地元住民と参加者が協力しなければ植えることができない本数です。

炎天下では無理をしないように団員がお互いに声をかけあい、班長がこまめに休憩の指示を出し、各自が体調管理に努めた結果、苗床作業を無事完了することができました。
この成果は、団員の努力、実行委員のリーダーシップ、地球緑化センターと現地のご協力の賜物です。

Photo

森を作るには資金だけではなく、実際に苗木を植える行動をする人間と、その苗木を育てていく森林管理機能が必要です。そのためには環境知識と目的の共有、そして何よりも現地との相互信頼の継続が重要です。
「美しい地球・幸せな暮らし」の実現を目指して、電機連合は今後も地球環境保護と東北支援への取り組みを続けていきます。

Photo
東日本大震災:連合ボランティア活動報告

SAKURAプロジェクト
「アフガニスタンの子どもたちにランドセルを贈ろう」
キャンペーン

SAKURAプロジェクトとは、国際協力NGOジョイセフの「想い出のランドセルギフト」に協力する取り組みです。日本で使われなくなったランドセルをアフガニスタンに寄贈し、子どもたち、特に教育の機会に恵まれない女の子の就学に役立てることを目的としています。電機連合では3地協(西奥羽・神奈川・兵庫)の協力のもと、2009年度に「ランドセルをアフガニスタンに贈ろう」キャンペーン試行プロジェクトをはじめ、2011年度から「SAKURAプロジェクト」と名称をあらため、以降、毎年春に取り組みを実施しています。
現在では多くの地協が参加し、全国各地の組合員さんから毎年たくさんのランドセルを寄贈していただいています。

SAKURAプロジェクト PR動画

2018年SAKURAプロジェクト取り組み結果

2018年SAKURAプロジェクト(実施期間:2018年3月~5月)にご協力をいただき、誠にありがとうございました。今回のSAKURAプロジェクトの結果の集計ができましたので、以下の通りご報告します。

1.参加地協

東奥羽、宮城、福島、茨城、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川、山梨、新潟、愛知、岐阜、京都、大阪、兵庫、中国、岡山、山陰、東四国、西四国、熊本
合計22地協

2.収集個数

1,461個


ご協力ありがとうございました。

電機連合 国際部

Photo横浜の倉庫に集まった電機連合からのランドセル
Photo横浜の倉庫での仕分け作業の様子

2017年SAKURAプロジェクト取り組み結果

2017年SAKURAプロジェクト(実施期間:2017年2月~5月)にご協力をいただき、誠にありがとうございました。今回のSAKURAプロジェクトの取り組み結果を以下の通りご報告いたします。

1.参加地協

東奥羽、宮城、福島、茨城、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川、山梨、新潟、愛知、岐阜、京都、兵庫、中国、岡山、東四国、西四国、熊本
合計20地協

2.収集個数

1,354個


ご協力ありがとうございました。

電機連合 国際部

Photo(C)Takeshi Uchibori

コロナ禍でできるボランティア──陸前高田に草刈り機を寄贈

神保 政史

頼りにされる電機連合をめざして

日本は今、大きな転換期を迎えています。世界に類のない超少子高齢化の進行と社会保障制度の持続懸念による将来不安の増加に加えて、世界情勢の深刻な状況やデジタル革命、さらには世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響など、私たちを取り巻く環境は極めて厳しく、激動の時代を迎えています。これまでの概念や価値観が一変し、経済や社会、そして私たちの暮らし方、働き方が大きく変わろうとしています。

しかし、いかなる時代であっても人を中心に据えて、誰もが安心して活躍できる社会を築き上げていかなくてはなりません。新たな経済活動、生活様式に向けては、私たち働く者の声を反映させていくことが労働組合の社会的な役割だと考えています。

私たち電機連合は、「美しい地球・幸せな暮らし」を基本理念に掲げて取り組んでいます。労働条件や政策制度課題の改善、共済運動や社会貢献活動を通じて、地球環境の保全と一人ひとりの幸せな暮らしの実現をめざしています。

電機連合は、信頼を基本とした健全な労使関係を大事にしている産業別労働組合です。新たな時代に向けて、頼りにされる電機連合をめざして、強い使命感をもって役割と責任を果たしてまいります。

電機連合 中央執行委員長  神保 政史

神保中央執行委員長挨拶