電機連合

文字の大きさ

ボランティア活動

電機連合が実施しているボランティア活動について、紹介します。

第4次東北ボランティア感想文

「電機連合・被災地と心をつなぐ活動」 ~第4次東北ボランティア in 陸前高田~ ボランティア活動を終えて

Photo
特定非営利活動法人 地球緑化センター 事務局長 山岸 貴生

今回で4回目となる陸前高田市でのボランティア活動に参加された皆様、大変お疲れ様でした。

陸前高田市では、昨年末に海岸の防潮堤の工事がほぼ終了し、今年から3年計画で海岸の植樹もはじまりました。白砂青松の名勝・高田松原を再生させる長い取り組みがスタートしました。

また市街地でもかさ上げ工事が進み、4月末には中心部に新しい大型複合商業施設もオープンしました。今年の「動く七夕まつり」では震災後はじめて、かさ上げ地区を練り歩き、夜の部では各地区の山車が集結し、私たちも大石地区の皆さんと一緒になって盛り上がりました。

5日目に陸前高田市の戸羽市長の講演にもありましたが、陸前高田市でも人口減少が大きな課題になっています。地方創生の流れの中、今「関係人口」というキーワードも注目されています。地域に対して、交流(観光)人口より深く関わり、定住人口より浅い関わりを持つ人々、と解釈されています。

震災から6年が経過し、復興へのボランティア活動も年々変わりつつあります。陸前高田への支援の方法はそれぞれあると思いますが、電機連合の皆さんのように地元のお祭りに参加することで、より地域のことを知り応援していくことは、復興支援だけとどまらない、今後の陸前高田の発展につながるボランティア活動の一つではないかと思います。

私たちが陸前高田で目にしたこと、聞いた話、出会った人たち。それを、今回来られなかった人たちに伝えていくことが今、私たちにできる役割の一つだと思います。夏の思い出として心にしまっておくだけではなく、様々な機会を通じて多くの人にそれぞれが感じたことを伝えてもらえればと思いますし、足を運ぶ機会につながればと願っています。

最後になりますが、細かな打ち合わせを重ねていただいた電機連合事務局の皆さん、参加者をリードしていただいた実行委員の皆さんに感謝申し上げます。

雇用の安定と電機産業の発展

電機連合の政策・制度実現に向けた取り組みを紹介します。

生活の安心と社会保障

安心して生活できるために、社会保障制度の改革について、紹介します。

電機連合と政治

みなさんに身近な政治について、なぜ電機連合が参画するかなどをわかりやすく紹介します。また、組織内議員、電機連合議員団ネットワークを紹介します。

ボランティア活動

電機連合が実施しているボランティア活動について、紹介します。

環境への取り組み

電機連合は、「美しい地球・幸せな暮らし」の基本理念の下、様々な環境問題に取り組んでいます。 その取り組んでいる環境政策について、紹介します。

地域コミュニティの充実

安心して暮らせる社会の実現に向け、地域コミュニティへの参画事例について紹介します。