電機連合

文字の大きさ

地域コミュニティの充実

安心して暮らせる社会の実現に向け、地域コミュニティへの参画事例について紹介します。

地域コミュニティ活動の紹介(地方議会議員)

健康教室とバレーボールを通じた地域のわ(話・輪・環・和)づくり
兵庫県三田市議会 美藤和広議員#

Photo

10年連続人口増加率日本一を記録 2011年から人口減少に転じる

兵庫県三田(さんだ)市は、自然豊かな農村市でしたが、ニュータウン開発により、大阪・神戸まで1時間圏内のベッドタウンとして急成長し、1987年から10年連続人口増加率日本一を記録しました。固い地盤で支えられる三田市は、阪神淡路大震災の被害がほとんどなく被災地域の方々を受け入れてきました。

その後、2011年7月をピークに少しずつ人口減少となりました。そして、人口急増の中心である団塊の世代が引退する時代となり、あわせて、ジュニア世代の多くが転出する中、急激な少子高齢化を迎えています。

健康教室とバレーボールを通じた地域の「わ」

元気で活力のあるまちづくりをめざして、企業誘致とともに、地域の「わ(話・輪・環・和)」を広げています。

①壮年向け、働く人の土曜健康教室OB会
40歳以上の働く人の健康管理としての土曜開催の健康教室です。
22年前に市の健康教室(毎年8回コースで開催)に参加しましたが、その後のリバウンドに、「継続はチカラ」と、2004年にOB会を発足しました。
月2回土曜日の午前中に活動しています。講師の先導で、フィットネスとボールやおジャミ(お手玉)など道具や頭を使って、口と身体を動かす活動です。
1回ごとの会費制で、毎回30人程度の参加で運営しています。

Photo
健康教室(フィットネス)で汗を流します
Photo
ボールを使用しての運動です

②生涯通してバレーボールを楽しめるまちづくり
バレーボールの協会長として、小学生・一般・9人制・家庭婦人の4部会を運営しています。また小学生低学年クラブ、中学校の部活動にバレーボールの無い学校が増えたので週1回バレーボールを続けられるクラブや、働く人のソフトバレーボール大会、友好都市(鳥羽市)とのスポーツ交流などを開催・支援しています。

Photo
試合の感想を選手に伝える美藤議員
Photo
友好都市スポーツ交流使節団の代表として挨拶

美藤議員ってどんな人?

電機連合兵庫地協事務局長
堀井 説也さん

美藤議員は次世代を見据えた持続可能なまちづくりを考え、市民の立場で市のあり方と向き合っています。また、三田市バレーボール協会の会長としてバレーボールの普及にも努めるなど、世代を超えた地域コミュニケーションを大切にする信頼に値する議員です。

美藤和広(びとう かずひろ)プロフィール
Photo

三田市議会議員
生年月:1959年1月
出身地:香川県観音寺市
好きな言葉:温故知新・継続は力・大胆にして細心

美藤和広公式ホームページ http://www.bito-kazuhiro.com

雇用の安定と電機産業の発展

電機連合の政策・制度実現に向けた取り組みを紹介します。

生活の安心と社会保障

安心して生活できるために、社会保障制度の改革について、紹介します。

電機連合と政治

みなさんに身近な政治について、なぜ電機連合が参画するかなどをわかりやすく紹介します。また、組織内議員、電機連合議員団ネットワークを紹介します。

ボランティア活動

電機連合が実施しているボランティア活動について、紹介します。

環境への取り組み

電機連合は、「美しい地球・幸せな暮らし」の基本理念の下、様々な環境問題に取り組んでいます。 その取り組んでいる環境政策について、紹介します。

地域コミュニティの充実

安心して暮らせる社会の実現に向け、地域コミュニティへの参画事例について紹介します。