電機連合

文字の大きさ

ボランティア活動

電機連合が実施しているボランティア活動について、紹介します。

第4次東北ボランティア感想文

息子の成長を期待して!

Photo
三菱電機労連 西村 勇二・太一

勇二
今回、子供参加が可能なボランティアということで、息子の成長を期待して参加することを決めました。 防災学習では、震災遺構を目の当たりにし、津波の恐ろしさを子供なりに実感していたようです。大人の我々でもニュースの映像では味わえない経験ができますし、語り部による当時の様子なども聞きながら学ことができるため、改めて、震災・津波について防災・減災の重要性を認識する事が出来ました。

ボランティア活動についても、子供が参加し易いカリキュラムとなっており、とてもいい経験が出来たと思います。 特に、もの作りが好きな息子にっと、松の苗を保護する竹簀(たけす)作りは熱中して取り組んでいたと思います。

少し残念だったのは、動く七夕まつりが雨の中で開催されたことです。 町の人たちは、雨の中でも全く気にせず普段通りの祭りを行っていたと思いますが、晴天のなかで開催されていれば、祭りを見学する人も増えもっと盛大な祭りになっていたのではないかと思います。 こんな盛大な祭りに協力することができ親子ともども大満足する事が出来ました。

はじめてのボランティア

太一
いままで、ボランティアに参加したことはなかったけど、はじめてこういうボランティアに参加して良い経験ができました。

初日は、全然皆としゃべれなかったけど、2日目からはしゃべれるようになったので、うれしかったです。

2日目の防災学習は、東北のほうで津波があったことしか知らなかったけど、こんなに大変なことになっているとは思っていなかったから、実際に震災遺構を見たらものすごくひどい状態だったのでとてもおどろきました。 草取りや竹す作りは大変だったけど、松林の復興の手助けが出来てよかったです。

3日目の草取りは、大変で早く終わってほしかったです。 夏あかりの作成では、ほねぐみ作りが雨の中での作業だったのでつらかったけど、前夜祭が盛り上がっていたのでとても楽しかったです。

4日目の山車引きは、つなを引っぱるのが重たかったけど、皆が元気に大きな声で盛り上げていたのでとても感動しました。

5日目のさよならパーティーは、クイズで皆を盛り上がることができて良かったです。

Photo
Photo

雇用の安定と電機産業の発展

電機連合の政策・制度実現に向けた取り組みを紹介します。

生活の安心と社会保障

安心して生活できるために、社会保障制度の改革について、紹介します。

電機連合と政治

みなさんに身近な政治について、なぜ電機連合が参画するかなどをわかりやすく紹介します。また、組織内議員、電機連合議員団ネットワークを紹介します。

ボランティア活動

電機連合が実施しているボランティア活動について、紹介します。

環境への取り組み

電機連合は、「美しい地球・幸せな暮らし」の基本理念の下、様々な環境問題に取り組んでいます。 その取り組んでいる環境政策について、紹介します。

地域コミュニティの充実

安心して暮らせる社会の実現に向け、地域コミュニティへの参画事例について紹介します。