電機連合

文字の大きさ

ボランティア活動

電機連合が実施しているボランティア活動について、紹介します。

第4次東北ボランティア感想文

笑いあり、涙ありの6日間を終えて

Photo
三菱電機労連 東條 友治

夏という季節に似合わない曇り、雨空の下、6日間のボランティアが始まりました。

1日目、2日目、3日目とプログラムが進むにつれ、参加者同士の緊張もほぐれていき、4日目のお祭り本番では、町の人達と一致団結し、雨のなか山車を引きました。

幸い大きな病気やけが人はなく、実行委員としても安堵していますが、何よりも町の人達と笑顔で語り合っている様子に心打たれました。

東北に来るまでは、正直なところ、被災地の方々とどのように接して良いか戸惑いもありましたが、大石の方々は本当に私たちを歓迎してくださり、震災のことなど、様々なできごとを教えていただきました。

そして5日目のさよならパーティーでは参加者同士で感じたことを報告しあう場面で、ある参加者が感極まって涙を流しました。これにはともに過ごしてきた仲間として、もらい泣きしそうになりました。

震災から6年半が経過しましたが、現在も多くの方が仮設住宅で生活しています。また、亡くなった方や、町を去った方も多く、祭りの山車を引く人が不足していることから、電機連合や、その他ボランティアの方々が参加しています。

町の方からは、被災地に足を運び、町の人と話をして、東北と同じような被害にあわないようにするにはどうすればよいか、それぞれの地域に持ち帰って考えて欲しいという話がありました。

「被災地と心をつなぐ活動」は、何よりも一人一人の寄り添おうとする思いと、どんな辛い事実があったのか、それを防ぐにはどのような方法があるのかという知識、両方が必要であると感じました。

日本は自然災害が多い国であり、どこに住んでいても、いつ被災するか分からない状況でありますが、時間が経つとどうしても記憶が薄れていってしまいます。継続的に被災地を訪れることで、あらためて防災、減災意識を高め、単組でも伝えていきたいと思います。

雇用の安定と電機産業の発展

電機連合の政策・制度実現に向けた取り組みを紹介します。

生活の安心と社会保障

安心して生活できるために、社会保障制度の改革について、紹介します。

電機連合と政治

みなさんに身近な政治について、なぜ電機連合が参画するかなどをわかりやすく紹介します。また、組織内議員、電機連合議員団ネットワークを紹介します。

ボランティア活動

電機連合が実施しているボランティア活動について、紹介します。

環境への取り組み

電機連合は、「美しい地球・幸せな暮らし」の基本理念の下、様々な環境問題に取り組んでいます。 その取り組んでいる環境政策について、紹介します。

地域コミュニティの充実

安心して暮らせる社会の実現に向け、地域コミュニティへの参画事例について紹介します。